製品案内

FDグリップ

鉄筋の接合にその力を発揮するのがFDグリップである。
長年の懸案であった熟練した技能も特殊な工具も不要で誰でも安定した接合作業ができるというメリットがFDグリップの特徴である。
優れた機能及び用途に応じて選べる種類・サイズの豊富さに加えて、天候に左右されずに施工できるという利点は現場作業においてかかすことが出来ない存在となってきている。
鉄筋の骨組みを形づくっていくものだけに地味ながらその役目は大きい。
こうしてみると普段なにげなく見ている風景の中においても見えないところでTOKAIの技術が私達の生活をシッカリと支えていることに気がつく。

t-bar

■ 特長

☆ 作業はきわめて簡単。接続ボルトを合わせ、締め付け、規定トルクを導入するだけ。
☆ 熟練工も特殊工具もいらず、狭い場所での作業も可能。しかもA級性能で信頼性も確か。
☆ 3Dタイプの継手により、あらゆる現場への対応が可能に。
☆ 検査や審査が厳しくなるほど、FDグリップの高い性能が光ります。
☆ D13~D41まで、幅広い鉄筋に対応します。

■ FDグリップの威力を特に発揮する部位

★ 連続地中壁などからの梁主筋・スラブ筋などの後施工
★ 道路床版の改修工事など、反復施工の打ち継ぎ目での鉄筋接合工事
★ 将来建物などの増設予定部の鉄筋鉄筋接合用
★ 外部用金物(階段など)の取り付けインサートなど